重度の子宮内膜症で子供が生めないかもしれない。結婚も・・・

わたしは19歳の時に重度の子宮内膜症と診断され、医師からは子宮と卵巣の摘出手術を受けるよう勧められました。しかし、当時付き合っていた彼と結婚したいと思っていましたし、彼の子供も産みたいので摘出はやめました。医師からは妊娠することは不可能に近いと言われましたが、どうしてもあきらめきれなかったからです。人として、女性としての普通のシアワセが欲しかった。それだけです。彼と結婚したいと思っていても、彼もとても子供好きでしたので、なかなか結婚には踏み切れませんでした。赤ちゃんが産めないかもしれない、自分の子供が生まれないかもしれないとわかっていて結婚するのは、彼にとってあまりに不幸なことでした。よっぽど子宮も卵巣も取ってしまえばよかったと思った時期もありましたが、今はあの時手術を受けなくてよかったと心から思えます。未だに友達に赤ちゃんができたという話を聞くと、目をそらしてしまいますが・・・。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>