一緒に寝ているのか、子作りが下手などプライバシーは?二人目不妊

ある程度、歳をとってからでも子供を持てる男性と違い、女性には結局のところ期限があります。10代後半の結婚や妊娠は早すぎると言われ、20代後半になると、勝手にいき遅れると心配し、ようやく結婚できたと思うと、次は子供と、当然のように追いたてられます。私の場合、30歳で結婚し、3年程妊娠できずにいたので、その間のプレッシャーは凄いものでした。「子供を作るのが下手だなぁ」と舅にからかわれたり、「一緒に寝ているのか」などと言われたりで、プライバシーも何もありませんでした。ようやく子供が生まれ、ほっとひと息つく間もなく、「二人目も早い方がいい」だの「一人っ子はかわいそうだの」ベビーカーを押して歩いていると、名前も顔も知らない通りすがりの人にまで言われたものでした。結局、二人目には恵まれず、子供が小学校くらいになると世間は、諦めたのか、二人目不妊を同情してか、言われないようになりましたが。女性は、干渉され続ける宿命でしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

子供が出来ず生理が来る度に涙。どうして周りは気軽に尋ねるのか

ひとり目は何も意識しておらず、気がついたら妊娠していました。でも考えてみたら結婚から3年は経っていたので、おそらく妊娠しにくい体質なんだと思います。
その後ひとり目の子育てが落ち着いてきて、2人目を望んだのですが、これがなかなか上手くいきませんでした。いわゆる2人目不妊というやつですね。
ひとり目の時は特に排卵日などを意識していなかったのも、子どもが出来ない原因のひとつだったと思うのですが、2人目の妊娠を希望していた時は、とにかく排卵日を意識していて、実際の生理日から逆算しても、大きく外れてはいなかったのにも関わらず、なかなか妊娠しませんでした。
周りはどんどん兄弟が出来ていって、気がつけば幼稚園でも同じクラスに一人っ子は2~3人だけ。毎年必ず誰かが妊娠・出産していて、本当に焦りだけが募っていました。「2人目作らないのー?」なんて軽く聞いてくる人もいましたが、内心ではイライラしてましたね。作ってない訳じゃない。出来ないだけですって言えちゃえばどんなに楽だったか。いつも強がって「お金ないから」とか「ひとり目に手が掛かって大変だったから」とか色々言ってました。親戚にもちょくちょく「2人目はまだか」とか「一人っ子は可哀そうだ」というような事も言われ、そんなこと言われても!とイライラするばかりでした。あの頃は毎月の生理がくるたびに涙が出て落ち込んで…。本当に辛かった。子どものことって究極のプライバシーだと思うんですが、何でみんな軽い調子で質問してくるんですかね。ほんと、余計なお世話でした。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

姑に結婚一か月後と出産数か月後に妊娠を促され嫌いになった

結婚してまだ一ヶ月の時に姑から「こどもはどうですかー?」という内容の電話がありました。タイミングよくいったとしても結婚して一ヶ月はできててもわかるかわからないか微妙な時期。即効で嫌いになりましたね。その後、子どもがほしいと思いつつもなかなかできず4ヶ月目にやっと最初の妊娠をしました。しかしすぐに流産してしまいました。その時の義父の「作り方が悪かったんじゃねーとや」という言葉は一生忘れないでしょう。
結婚したからって子どもを産むとか産まないとか、本人同士の問題だと私は思うのです。でも周りから「こどもはいいよ」「病院行ってみたら?」の言葉は本当に辛く嫌でした。そして、奇跡的に一人目を妊娠・出産した数ヵ月後に、「二人目はどうですか?」との姑の言葉に耳を疑いました。自分も子育てを経験しているだろうに、そんなポンポンそだてられるはずがないことくらいわからないのでしょうか?
こどものことを言われるのは本当に辛く嫌でした。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

親しい訳でもない人に、次の子は?とか言われるのでびっくりする

体質的に問題があり、不妊治療なしでは妊娠できない体です。結婚して1年半で治療の末、第一子を出産しました。産婦人科医から「今回は運よく早かったけど、普通はもっとかかるからね。二人目欲しいなら覚悟しておいて」と念押しされました。
子供が歩くようになり、一緒に近所を散歩していると、「大きくなったわね。そろそろ二人目考えないとね。早いほうがいいわよ」と突然、すれちがった近所の方に言われました。あまりのことにびっくりし、最初は何も言い返せませんでした。
それからも、子供が大きくなるに連れて「二人目はまだなの?子供は一人じゃ寂しいわよ。」「年取ってからの子供は大変よ。早くしなきゃ」などと、色々な人に言われます。私もなれてきて「欲しいとは思ってるんですけど。こればっかりは授かり物ですし」とお決まりの言葉を返せるようになりました。それでもやはり、親しいわけでもなく、挨拶する程度の知り合いに自分の欠点を何度も言われるのは、本当に辛かったです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

親や旦那の親からのプレッシャーだけでなく、見ず知らずの人にまで辛かった

なかなか妊娠できなくて一番辛かったのは、やはり周りの人から色々と言われてプレッシャーを感じることでした。自分の親や旦那の親からのプレッシャーは当たり前かもしれませんし、本当に楽しみにしてくれているのだからと思えば憎めないものですが、私が新婚当時に住んでいたのがとても田舎だったからか、引越しの挨拶に行った途端に「あら、新婚さんなのね!じゃあ赤ちゃんが楽しみね!」などと言われてしまいました。子どもを作る気はあったんですが、見ず知らずの人にまでそう言われるのには驚きましたし、その発言をしたおばさんには中学生くらいの女の子のお子さんがいらっしゃったので、その女の子にも「赤ちゃん抱かせてくださいね」などと無邪気に言われ、それでもすぐには妊娠できなかったので、辛かったです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

不妊治療と自然妊娠で5回妊娠&流産。舅姑に内孫を殺したと言われノイローゼに

結婚後なかなか妊娠をしなかったため、病院で検査をしたところ自然妊娠は難しいと言われました。
夫の両親にも不妊治療をすることを伝え、それと同時に多胎児になる可能性があることも話した所「妊娠は自然にするもの不妊治療は認めない」「子供は1人ずつ産むもの2人や3人いっぺんに生むものではない」と義父母から何度も電話がありノイローゼになってしまいました。
その後不妊治療と自然妊娠で5回妊娠しましたがすべて流産してしまいました。2回めまでは流産をしたことを義母に伝えたのですが今度は「あなたは家の跡取りである内孫を殺した。今度法事があるから親戚一同の前で土下座しなさい」と言われ、それを知った夫が自分の実家にも関わらず一切の連絡を絶ってくれました。
3回め以降の妊娠は義父母には伝えずに流産をしたことも伝えていません。義父母の夫婦間の問題や小姑の問題が全て私のせいにされ、こちらも流産で精神的にやられている時期に暴言を吐かれて受け止めることは出来ませんでした。
今ではもう子供を産める年齢を過ぎたので、義父母に何を言われても大丈夫ですがあの当時の事は今でも忘れることは出来ません。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

夫が原因で不妊。姑にはお参りと人工授精を強制され。。。4年目にして

結婚して2年。妊娠の兆候が見えず、病院へ。私の検査では異常は見られず、主人の検査へ主人は協力してくれましたが。原因が我が息子にあると知った姑は「ほんまか?」と疑うことばかり毎月、病院に通う私の気持ちなんて何も考えてくれませんでした。病院へ通い出して、1年がすんだ頃 夜の11時すぎに電話が「あんた、子供できるって!今から言う所へ毎月お参りに行き!」とすごい剣幕の姑からでした。
だから、 私に原因はないねん。あんたのムスコやねん原因は!
と心はイライラピークでした。が ハイハイと言われるがまま毎月 病院とお参りしろと言うお寺2カ所を夫婦で通いました。
毎月の人工受精  半年に一回くらいでの体外受精  2年通って心身ともに疲れた私は   「もういいわ」と主人に伝え主人も「いいよ」と言ってくれたので 今月で最後!と決めたその人工授精で妊娠しました。
嘘のような本当の話に 家族は驚き喜んでくれました。結婚して4年目に会えた私の天使は 今や悪魔と化しあの日の感動すら忘れさせてくれます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

重度の子宮内膜症で子供が生めないかもしれない。結婚も・・・

わたしは19歳の時に重度の子宮内膜症と診断され、医師からは子宮と卵巣の摘出手術を受けるよう勧められました。しかし、当時付き合っていた彼と結婚したいと思っていましたし、彼の子供も産みたいので摘出はやめました。医師からは妊娠することは不可能に近いと言われましたが、どうしてもあきらめきれなかったからです。人として、女性としての普通のシアワセが欲しかった。それだけです。彼と結婚したいと思っていても、彼もとても子供好きでしたので、なかなか結婚には踏み切れませんでした。赤ちゃんが産めないかもしれない、自分の子供が生まれないかもしれないとわかっていて結婚するのは、彼にとってあまりに不幸なことでした。よっぽど子宮も卵巣も取ってしまえばよかったと思った時期もありましたが、今はあの時手術を受けなくてよかったと心から思えます。未だに友達に赤ちゃんができたという話を聞くと、目をそらしてしまいますが・・・。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

高齢で結婚したのに、不妊の理由が妊娠できない理由と思われ辛かった

私は仕事を続けていたせいもあり、結婚したのが三十代後半と遅い方でした。主人と結婚して、私が主人よりも年齢が上だったこともあり私と主人、両方の親から「子供はいつ?」「仕事はいつまで続けるの?」と何度も聞かれました。 年齢が高い事は自分でも十分自覚しており、すぐにでも子供が欲しかったのですが、なかなか妊娠することができませんでした。排卵日などもきちんと調べて、主人の協力もあったのですがその後2年以上妊娠の兆しはありませんでした。 悪気がなかったとは思うのですが、主人のご両親は私が仕事を続けていることが不妊の原因のひとつなのではないかと考えられたようで、何度も仕事を辞めるように勧められました。私は仕事を辞めたくなかったので、ごまかしごまかしなんとかやり過ごしていました。 結婚して3年近くたち、ようやく妊娠することができたのですが、今でもあの頃のことを思い出すと辛かったなと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

職場でも友人にも子供を早く作れと言われて辛かった

わたしは結婚して10年間、子どもを授かることができませんでした。親や親戚はとても優しく、できるときにはできるからあまり深刻にならないで、夫婦仲良くやっていけばいいからと言ってくれて本当にありがたかったのですが、つらかったのは職場でいろいろと言われたことです。
とくに飲み会のときなどは酷く、酔った上司から「あんた、子どもの作り方を知らんのやろう。わしがだんなさんに教えに言ってやろうか。」と言われ、悔しさと悲しさでトイレに走っていって一人で泣いたこともありました。
あとすでに子どもがいる友達の、「お宅もはやく作ったら? 本当に可愛いよ。」という発言にも結構傷ついたものです。悪気はないのでしょうが、欲しくでもできないわたしの胸には、まるでナイフのように突き刺さるつらい言葉でした。
その後子どもに恵まれましたが、わたしは絶対に無神経なことは言うまいと、かたく心に誓っています。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ